美しい京都の街並みを彩る、看板

京都は美しい街です。歴史的な建造物や、昔ながらの風情を今も色濃く残す民家や店舗が数多く存在しています。魅力的な街並みは外国からの観光客にも人気で、国内外から有数の観光地として毎年多くの観光客が訪れます。そんな美しい街並みを守るための取り組みとして、景観条例が制定されています。歴史的な景観を損ねないために、建物の高さや広告の出し方について、たくさんの取り決めがなされています。看板についても例外ではなく、大きさや色について、細かい規制があります。それらの規制を守った上で、周りの景観と調和し、なおかつ独自性のあるデザイン性の高いものが、多くの店舗で使用されています。現在では、街の景観をさらに魅力的に見せるために大きな役割を果たす存在となっています。

他とは違う、大手チェーン店のオリジナル看板

全国チェーン店のものでも、派手な広告は使用することはできません。街の景観を乱してしまうからです。そのため京都では、そこにしかない、特別なデザインのオリジナルのものを使用しているところがほとんどです。特に、原色が多く配色されているものはデザイン変更の対象になります。例えばハンバーガーの大手チェーン店は、他の地域では赤地に黄色のロゴマークが書かれているデザインが主流ですが、景観に配慮して、目立たない茶色が下地として使用されています。また、全面的にオレンジ色が使われているデザインの牛丼チェーン店では、ラインだけにオレンジ色を使用したり、イメージカラーを無くし白一色にするなどの方法で、周囲の雰囲気を壊さないように配慮しています。このように様々な工夫をすることで、街並みを守ることに成功しています。

看板がもたらした景観と人々の変化

景観条例が制定されたことによって、街並みはさらに趣を増した綺麗なものになりました。道路に突き出していたり、あまりにも派手で目立ちすぎる広告が無くなったことで、見晴らしも良くなりました。また、全体的な街のイメージが統一され、以前よりもデザイン性の高いものが多くなったことから、地元の人にも、観光客にも好意的な印象を与えるようになりました。景観を守るための取り組みをした結果、街並みはさらに美しくなり、地元の人には住みやすく、観光客には訪れやすい環境を作り出すことに成功しました。京都では、これからも街のイメージと景観を守っていくために、引き続き広告の改善に取り組んでいます。広告のデザインを変えることは、街並みを変え、そしてそこに訪れる人々の意識まで変えることにつながるのです。